アバナフィルの開発について

ED治療薬日本で販売されているものではバイアグラ、レビトラ、シアリスがよく知られています。
また上記の3大ED治療薬と同じ成分で作られている、タダシップやカマグラはジェネリックだから安いため利用者も増えてきています。

アバナフィルも新しいED治療薬として注目されている薬で、アメリカの製薬会社であるヴィヴス社から製造販売されている薬です。
アメリカFDAから認可され、2012年4月に販売されるようになりました。
もともとは日本で開発されていた薬ですが、ヴィヴス社に譲渡する形となりました。

アバナフィルの特徴について知っておきたいですが、アバナフィルは薬の主成分の名前で商品名はステンドラとして販売されています。ジェネリック的な医薬品としてはインドの製薬会社から製造販売されているアバナもあります。

アバナフィルは即効性に優れており、性行為の30分ほど前に飲んでおくことで効果を発揮してくれます。
レビトラと同じように即効性に優れている薬を探している人にも向いています。

さらに食事の影響を受けにくいという特徴も持っており食前、食後にかかわらず飲むことができます。
他のED治療薬と同様、血流を改善する効果があり、血流を良くすることで勃起を得やすくしてくれます。性的な刺激や興奮があった場合に作用しますので、突然勃起が起きてしまうというような心配はありません。

使いやすい薬となっていますが、硝煙剤を使用している場合は禁忌となっていますし、何らかの疾患がある場合はより安心して服用するためにも医師に相談しておくと良いでしょう。

他の薬同様、服用は1日1回で、1日何度も飲むことは避けます。
購入については現在は日本の医療機関で処方されていませんので、購入する場合は海外医薬品の個人輸入ということとなります。

■シアリスジェネリック
フォーゼストで自信をつけよう
■ED治療に効果のあるお薬情報
ED治療にアバナフィルがおすすめ